お金借りる即日振込!今すぐ入金される消費者金融おすすめは

お金を借りる際に即日入金希望なら消費者金融選びが重要 在籍確認情報を確認してください。

お金借りる即日振込!今すぐ入金される消費者金融おすすめは

 

プロミスや、モビット、アイフルなど消費者金融をはじめ、

 

バンクイックなどの銀行カードローンなど金融機関では仕事場への在籍確認があります。

 

プロミスカードローンも通常の申し込みでは在籍確認という名目で職場連絡があります。

 

個人名で電話がかかってくるので、金融機関から電話が来ていることは仕事場にはばれません。

 

しかし、会社や勤務先に電話がかかってくるのは嫌なものです。

 

金融機関からの在籍確認の方法として、職場確認の電話が一般的です。

 

ただしプロミスやモビット、アイフルはオペレーターに電話なしという希望を出すと

 

在籍確認の相談にのってくれる金融機関です。

 

仕事場への電話での在籍確認がいやという方は、

 

プロミス職場連絡がいかないようにするなら、各消費者金融機関のオペレーターに相談してみてください。

 

 

 

・オペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス金利 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

 

 

 

・モビット金利3.0−18.0%
・モビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資

 

モビット

 

 

 

・金利 4.5%−18.0%
・1000円〜最高500万円まで借り入れ可能
・審査最短30分完了
・来店不要、即日融資可能で審査可能。
・借り入れ手続きはネットですべて完結
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

 

免許証でお金を借りることはできる?どうしてもキャッシングしたい

お金借りる即日振込!今すぐ入金される消費者金融おすすめは

お金借りることを検討しているなら、運転免許証があれば申し込み手続きができる可能性があります。

 

しかも、運転免許証はクレジットカードでも、消費者金融でも、銀行でも、どの金融機関であってもキャッシングの申し込みの際には、本人確認が出来る書類として筆頭に記載されています。

 

申込者の本人確認が出来る書類として最も信頼されている理由は、顔写真が付いた証明書ですし、

 

固有の番号が付けられているので、万が一のことがあった場合に

 

、本人の確認がしやすいということもありますが、免許証番号にも容易に分かりやすいポイントがあります。

 

番号は12桁になりますが、これには様々な情報が隠されているのです。

 

まず、冒頭の4桁の番号を見て確認してみるとよいでしょう。

 

冒頭の2桁の数字は、交通安全委員会の番号で、都道府県ごとに番号が付けられています。

 

北海道の場合は、道内に複数の番号がありますので、地区によって違いがあります。

 

これは、初めて取得したのはどこの都道府県であるのかが容易にわかります。

 

また3〜4桁は、取得した年数の西暦年の下二桁が記載されていますので、

 

生年月日から見れば、何歳の時に取得したかが判明します。

 

10代〜20代前半に取得をして、現住所が違う場所だった場合は、だいたいどちらの出身であるのかが推測できることもあるのです。

 

5〜10桁目の6桁の番号は、交通安全委委員会の中で付けられた管理番号で、

 

どのような意味があるのかは公表されていません。

 

11桁目の番号は、チェックディジットと呼ばれる番号で、入力ミスの確認をするための番号です。

 

 

お金借りる即日振込!今すぐ入金される消費者金融おすすめは

末尾の12桁目の番号は、紛失や破損で作り直しをした回数を表しています。

 

更新手続きの場合はカウントされませんので、問題がなかった方はほとんどが0になっていると考えられます。

 

あまりにも大きい数字だと、こんなに紛失したり、破損したりしているのかとあきれられ、だらしないと思われる可能性もあります。

 

このように、数字からいろいろなことが分かるのです。

 

また、公布日の右方向にある5桁の数字からも、判明することがあります。

 

直接審査に関係しませんし、都道府県によっても多少の違いがありますが、冒頭の2桁が免許センターの番号と、即日交付か後日の交付かを表していて、下3桁が、その日に交付した免許証の通し番号となっていることが多いです。

 

このように、具体的に取得した場所まで把握できるのです。

 

お金借りるには、非常に調査が迅速にしやすい本人確認の書類と言えるでしょう。

 

 

 

金融機関の中には、インターネット上から申し込みをするためには、

 

本人確認の書類として、運転免許証しか認めていない所も多く、健康保険証やパスポートで申し込みをしようとすると、

 

書面で郵送する申し込み方法に変更して欲しいと依頼されることもあります。

 

即日融資を受けたい場合にも、非常に便利でしょう。

 

お金借りる即日振込!今すぐ入金される消費者金融おすすめは

しかし、免許の更新前に引っ越しをして現住所と記載されている住所に違いがある場合には、住所地を確認するために、住民票等の公的書類や水道料金や電気料金、電話代などの、公的料金の領収書等も一緒に提出するようにお願いされることもあります。

 

添付書類をお願いされた場合に、公的料金の領収証を付ける際には気をつけた方がいいことがあります。

 

領収印が押されていますので、期限を守らずに遅れて支払った場合には、金銭的にルーズな人と見られることがありますので、

 

キャッシング審査を受ける時に非常に不利になることもあります。役所で取得するのに手間がかかりますが、住民票や印鑑証明書等の公的書類を取りに行った方がいい場合がありますので、気をつけましょう。

 

お金借りるのには、一定額以上の借入をした場合には、収入を証明する書類が必要となることがあります。

 

消費者金融や信販会社のキャッシングの場合は、希望額が50万円を超えたり、他の借入やクレジットカードのキャッシング額を合わせて100万円以上超えていると、収入証明書が必要となります。

 

お金借りる即日振込!今すぐ入金される消費者金融おすすめは

できるだけ、免許証だけで借り入れしたい場合には、少ない希望額にした方がいいでしょう。

 

その他、貸金業法による総量規制が適用されるために、全ての借入額を合わせて、収入の3分の1までとする決まりがあるものですから、収入の割にあまりにも希望額が高いと、収入を証明する書類を提出するようにとお願いされます。

 

具体的には、会社員やアルバイト、パート勤務の場合は源泉徴収票、自営業者の場合は、確定申告書となりますので、用意するようにしましょう。クレジットカードにキャッシング枠を付けたり、増枠したりする場合も同様です。

 

しかし、クレジットカードの場合は、締め日から支払日までの期間が長いと、金額に関係なく収入証明書を提出する決まりになっている所もありますので、事前に確認するようにしましょう。

 

銀行の場合は、総量規制の適用外ですので、収入証明書が必要な金額が比較的大きく、銀行によって違いがありますが、100万円を超えなければ、自営業者以外の場合は、必要ないでしょう。

 

信用情報に問題がなかったり、おまとめローンとして利用するのでなければ、用意することはあまりないと思われます。

 

 

振込キャッシングで即日入金希望するために必要なこと

 

金融機関の中には融資の申し込みをしたその日のうちに審査・契約・融資と進めてくれる所も有ります。

 

申し込みをしたその日のうちに融資するスタイルの事を即日融資と言い、その日のうちに指定した口座に入金してくれるタイプ野事を即日入金と言います。

 

通常、金融機関を利用する場合は専用のカードを発行してもらいATMからお金を引き出す方法と、指定した口座の方に振込をしてもらう方法等に分かれています。
以前は窓口を利用して申し込みをしたり無人契約機の利用が大半を占めていましたが、現在ではインターネットを利用する方法も増えています。

 

この場合、申し込みだけでなく審査・融資の契約まで全てネット上で完結できると言うのが大きな特徴です。

 

またネットを利用した場合は専用のカードをその場で受け取るわけではないので、この場合は振込キャッシングと言う形が取られます。

 

 

振込キャッシングを利用する場合、利用する金融機関によっては即日入金も可能となっています。

 

ただどこに融資を申し込んだとしてもその日のうちに必要長くを入金してもらう事が出来る訳ではありません。

 

そのサービスを展開している金融機関も有りますが、そもそも最初から即日融資を行っていない所もあるからです。

 

したがって、まずは即実入金を行っていると言う金融機関を利用する事になります。

 

 

 

またその日のうちにどうしても入金してもらいたいのであれば、申し込みをする時間にも気を付ける必要があります。

 

スピード審査を誇っている金融機関も有りますが、審査に全く時間がかからないと言うわけではありません。

 

実際には30分程度は時間が必要となるので、申し込みをした時間によっては即日対応が難しい場合があります。

 

どうしてもその日のうちにと言う場合は、審査に要する時間を考えてその分を逆算して申し込みます。

 

通常は営業終了時間の1時間程度前までには申込を終えておくと、営業時間内に契約まで終わらせやすくなります。

 

 

 

後は、書類には不備はないようにすると言う事です。

 

通常、振込キャッシングを始めとして各種キャッシングの申し込みをする場合は身分証明等の書類が必要となります。

 

最短30分で融資と言った宣伝をしている金融機関も存在していますが、これは何もトラブルが起きる事無くスムーズに手続きを進める事が出来た場合は30分で融資してもらう事もできるようになっている、と言う事です。

 

手続きを進める上でのトラブルとしては書類に関する物も多く、内容に不備がある、必要な物を用意していない等があります。

 

またネットを利用した申込みの場合、様々な書類を携帯電話やスマートフォンのカメラ、若しくはデジカメで撮影してそれを送信して提出します。

 

しかしその画像が不鮮明だったりすると提出書類としては適していないと判断されてしまうので、再提出して欲しいと言う連絡が来ることになります。

 

何度も再提出する事になるとどうしても手続きで時間のロスが発生してしまう事になるので、必ず書類には不備がないように、さらに画像は鮮明な状態にしてから送信します。

 

 

即日融資や即日入金と言うのは利用者としても魅力あるサービスとなっているので、それを宣伝文句としている金融機関は決して少なくありません。

 

ただ振込キャッシングはもとより、各種キャッシングでその日のうちに融資してもらおうとするのであれば、なるべくミスは犯さないようにする事、さらに申し込みの時間に気を付ける等が必要です。

 

また融資の申し込みをすれば必ずお金を貸してもらえるわけではない為、もしかしたら融資不可と判断されてしまう事も有ります。

 

新たな金融機関に申込みのし直しをするとそれだけでも時間のロスに繋がるので、まずは仮審査をインターネット所で行い、自分の利用しやすい金融機関に振込キャッシングの申し込みます。

 

 

深夜にお金が必要になったとき、カードローンですぐに借りれる?

 

一般的には、銀行からお金を借りるためには、1週間〜2週間くらいは余裕を持って申込みをしておくべきであると言われています。不動産担保ローンのように、担保がついている場合には、土地などについて現地調査を行わなければならないので、審査に1ヶ月以上もかかることがあります。

 

カードローンでは、突発的な融資にも対応している商品なので、早ければその日のうちに融資を受けることができます。しかし、銀行振込みで即日融資を受けるためには、銀行が営業している平日の15時までに手続きを終えているということが条件となります。

 

例えば、大手の消費者金融に申込みをして、審査に通過すれば、消費者金融はすぐに振込みの手続きをしてくれます。ところが、振込みの手続きをしたらすぐに口座にお金が振り込まれるというわけではありません。振込みが反映されるためには、銀行が振り込み処理を行う必要があるからです。

 

そのため、平日の15時を過ぎてしまうと、振込みが反映されるのは翌日以降となってしまいます。翌日が平日ならば、翌日の朝に振込みが反映されるでしょう。金曜日の夕方などに振込みをしてしまうと、月曜日の朝まで待たなくてはなりません。

 

深夜にお金借りる必要が出来てしまった時には、基本的には新規で借入をすることは諦めるしかないでしょう。大手の消費者金融ならば、夜の21時〜22時くらいまでは審査をやっているところもあります。無人契約機まで行ってカードを受け取れば、カードを使ってATMからすぐにお金を借りることができます。無人契約機についても、夜の21時〜22時くらいまで営業をしていることが多いです。

 

深夜の定義はさまざまですが、夜の22時よりも早い時間帯ならば、大手の消費者金融ですぐに借りられる可能性があります。審査には30分程かかりますので、遅くとも21時30分までには申込みをする必要があります。審査に時間がかかってしまい、22時を過ぎてしまうということもありますので、なるべく21時までには申込みをすませるようにしておきましょう。

 

審査に通過したら、22時まで営業をしている無人契約機にすぐに向かい、カードを手に入れます。そうすることで、ATMからいつでもお金を借りられるようになります。無人契約機がある部屋にはATMが設置されており、22時30分くらいまで利用できることが多いです。カードを手に入れたら同じ部屋にあるATMですぐにお金を借りるのが良いでしょう。

 

22時を過ぎてしまっている場合には、残念ながら新規でカードローンで借りる方法はありません。クレジットカードを何枚か持っている人なら、キャッシング枠がついていないかどうかを確認してみましょう。キャッシング枠が10万円でも付いているなら、その枠の範囲内で自由に借りることができます。

 

カードローンやクレジットカードのキャッシングによっては、ネット銀行への振込みが即時に口座に反映されるサービスをやっていることがあります。自分が保有しているカードローンやクレジットカードが、ネット銀行への即時振込みに対応しているカードなら、そのサービスを利用することで深夜でもすぐにお金を借りることができます。対応しているネット銀行の口座を保有しているということが条件になります。

 

あるいは、すでにカードを持っているなら、コンビニATMを利用してお金を引き出すという方法もあります。ATMによっては時間外で取引が不可となっていることもあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。また、時間外に取引をする場合、時間外手数料として216円程度がかかってくることがあります。手数料についても気にしておきましょう。

 

 

即日振込キャッシングに必要な書類をまとめてみた

 

即日振込キャッシングに必要な書類ですが、大まかに言って2種類に分けることができます。もちろん書類だけ用意すればそれで何の問題もなく即日振込キャッシングを受けられるというようなものではありません。そもそもそのローン会社が即日振込に対応していなければどうしようもありませんし、対応していたところで夜遅くになってからでは実際問題として不可能なことも多いでしょう。あくまでもそれが可能なローン会社を見つけ、適切な時間帯に申込を行うというのは必要書類を準備する以前の問題です。

 

 

では、必要書類の一つ目ですが、それは本人確認書類です。これはどんなローン会社であっても絶対に必要で、本人確認書類なしに融資をしますというようなローン会社があったとすれば、それは間違いなく詐欺か何かです。闇金でさえありません。闇金であっても本人確認書類なしにお金を貸してくれるようなことはありません。

 

 

もう少し詳しく言えば、もし本人確認書類なしにお金を貸してくれるようなローン会社があったとすればどうなるかを考えてみるとよいでしょう。例えば誰か他人が、あなたの名前や住所を使ってカードローンの申し込みをしたとします。その人はあなたの知り合いかもしれませんし、何か別の手段であなたの氏名や住所などを知りえた全く知らない人かもしれません。ともかく、そういう人が勝手にあなたの名前をかたって申し込みをしたとして、本人確認書類が不要ですと、ローン会社はその嘘を見抜けません。無事に審査に通過した後でその人は当然融資を受けるでしょう。しかしそんな人がまともに借りたお金を返済するはずはありません。返済が滞ったことに気付いたローン会社は、やれやれ困ったことだということで申込書に記載された住所氏名の人物に連絡を取り、返済を督促します。

 

 

この後どういう展開が予想されるかはもう割愛しますが、これではローン会社が困る以上に自分が困ると思わない人がいれば手を挙げて欲しいものです。そんな人がいるはずがありません。そうなっては誰もが困りますから、本人確認は必須なのです。むしろ、このようなことになるリスクを考えれば、本人確認はぜひともしっかりとやってもらいたいとローン会社を応援したくなるくらいのものです。

 

 

たとえ話はこれくらいにして、具体的に本人確認書類として適切なのはまずは運転免許証、あるいはパスポートあたりが一般的です。つまり、顔写真が入っている証明書であるということと、それ以上に重要なのは公的な機関が発行している信用度の高いものであるということです。たとえ顔写真が入っていても、手製の名刺のようなものであれば全く本人確認書類としては不適当です。誰でも簡単に偽造できてしまうようなものではいけないのです。

 

 

おそらくどんなローン会社も、運転免許証やパスポートは一発で本人確認書類と認めてくれるはずです。これ以外は、ローン会社によって取り扱いが異なるかもしれませんから、予め何を準備しておけばよいか確認しておくことをおすすめします。例えば複数を準備するように言われるなどといったことがあります。これ以外の本人確認書類には、例えば住民票の写し、健康保険証、マイナンバーカードなどが挙げられます。

 

 

本人確認書類以外に必要になる書類としては、借り入れ金額にもよりますが、収入証明書があるかもしれません。これは、借り入れ金額が少ないときにには不要なことも多いですが、50万円とか100万円などといった金額を借りたいときには、ローン会社によっては必要とされることもあります。具体的には、源泉徴収票などが収入証明書として適切です。会社員であれば会社からもらっているはずですが、もし無くした場合は再発行してもらいましょう。

 

 

 

 

審査が早いキャッシングはどこ?即日融資希望なら

 

即日融資とは、申し込んだその日のうちにお金を借りられるキャッシングやカードローンのことです。緊急事態でお金が必要な場面でたいへん助かるでしょうが、即日融資を実現するには、同時にキャッシング審査の早さも重要になります。

 

 

というのも、審査に通過しなければお金を借りることができないからです。お金を貸してくれる銀行や消費者金融は無条件でサービスを提供するのではなく、利用者の返済能力を確認してから貸す流れになっていますので、必ず審査を先に行います。

 

キャッシング審査の早さに関しては、多くの銀行や消費者金融で即日審査に対応していますから、あまり気にする必要はありません。どちらかといえば消費者金融のほうが早く、大手であれば最短30分で完了するほどです。しかし、銀行であっても30分や1時間程度で完了するところがわりと多いため、心配は要らないでしょう。とはいえ、一部で審査が遅いところも存在しますから、申し込み前にきちんと内容を確認することが大事です。

 

審査の早さに問題がなくても、注意しなければならないのが即日融資の部分です。銀行の場合だとその日のうちに融資が可能なところは極端に少なくなります。行えるとしても振込融資のみに限定され、その銀行に本人名義の普通預金口座があることが条件だったりしますので、手間がかかるのがデメリットでしょう。

 

大手の消費者金融であれば、殆どが即日融資に対応してくれます。口座がなくても対応してくれるケースばかりですので、その日のうちに出来る限り高い確率でお金を借りたいなら、迷わず消費者金融を選ぶことをおすすめします。振込融資に対応する他、カードを使ってATMから借りることも可能です。ATMから借りるのであれば、消費者金融が用意する無人契約機で手続きを済ませてください。

 

 

全国の道路沿いや敷地内などに設置されていますから、利用したい消費者金融の無人の店舗に訪れてみましょう。必要書類を持参するだけで、簡単に申し込み手続きが可能です。無人契約機に表示されている案内に従って操作すれば、審査が始まります。しばらく時間が経過すると審査結果を知らせてくれますので、後は契約を済ませればその場でカードを発行してもらえます。無人契約機と併設のATMを使ったり、最寄りの提携ATMでカードを使えば、利用限度額の範囲で直ちにお金を借りられるようになるでしょう。

 

 

銀行の場合だとカードが郵送されるまで借りられないケースが多いものの、ごく一部の都市銀行に限り、ATMからでも即日でお金を借りられるパターンが存在しますので、利用できる環境にあれば銀行のカードローンへの申し込みを検討したいところです。

 

 

該当する銀行の代表的な例が、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、新生銀行です。新生銀行の場合はカードローンブランドのレイクを利用するのがコツです。この3つには自動契約機が存在します。自動契約機であれば即日で審査が完了し、その場でカードを発行してもらえますので、直ちにお金を借りることができるでしょう。

 

 

三菱東京UFJ銀行ではバンクイックというカードローンが有名ですが、バンクイックでATMからの即日融資を希望するなら運転免許証が必須になります。運転免許証がなくても自動契約機で申し込めるものの、その場でカードが発行されませんので、ATMが使えるのは後日になってしまうことを覚えておいてください。

 

 

三井住友銀行は自社の契約機の他、大手消費者金融であるプロミスの自動契約機が使えるのが便利です。レイクも大手消費者金融並みの自動契約機が存在しますから、とても使いやすくなっています。

 

無人の自動契約機の殆どが平日だけでなく、土日や祝日でも利用できる体制が整っている状態です。

 

 

お金を借りるためには複数申し込みしないほうがいい 金融情報が共有されている

 

意外なほどに知られていないことなのですが、お金借りるときには複数申し込みをしないほうが賢明です。キャッシングやカードローンの申し込みでは審査に落ちる可能性もあることから、数撃ちゃ当たるとばかりに複数の金融機関に同時に、あるいはほぼ同時に申し込みをする人がいますが、これは決して適切な方法ではありません。というのも、金融情報が共有されているからです。

 

 

金融情報の共有といってもピンと来ないかもしれませんが、日本には個人信用情報機関という機関が存在します。ここでは、個人個人について、その人の金融に関する様々な情報が一元的に把握、管理されているのです。例えばクレジットカードで買い物をし、その支払い期限に銀行口座の残高不足で引き落としができなかったとしましょう。あるいは、カードローン会社でお金を借り、期日通りに返済ができなかったとしましょう。このような借金の返済遅れを起こすと、そのような情報はこの機関に登録される仕組みとなっています。

 

 

要は、その人がお金に関してどれくらい信用がおけそうなのかということで、借りたお金の返済を遅らせたというような情報は全て一元管理されているということです。新たにその人から融資申し込みを受けたような金融機関にとって、その人にお金を貸しても問題なさそうか、過去に金融上の何か問題を起こしたことがないのかというのは非常に参考になる情報です。ですから、金融機関が異なってもそのような情報はぜひとも共有しておくことが全ての金融機関にとって有用であるということで、このような機関が設立され運営されているのです。

 

 

この情報の中には、お金借りるために申し込みをしたという事実そのものも一定期間は登録されています。実際に融資を受けたか、それともその金融機関の判断で審査落ちしたかには関係なく、ただ単に融資の申し込みをしたということそのものも非常に参考になる情報だと考えられていて、登録の対象になっていると考えられます。

 

 

さて、もしあなたがある金融機関の審査担当者であったとして、自社のカードローンを申込んできた人が、実は他社にもいくつもカードローンの融資申し込みをしているという事実を把握したとすれば、どのように考えるでしょうか。おそらく、この人は非常にお金に困っていて藁にもすがる思いなのではないかとか、もしかしたらあらゆる金融機関からできる限り借りまくった上で行方をくらまそうとしているのではないかとさえ思うかもしれません。仮にそんなことがなくても、このまま複数申し込みが全て審査に通過すれば、1件1件は比較的少額で返済もしっかりとしてもらえるだろうと考えられても、合計すれば相当な金額になってしまって到底返済できなくなってしまうのではないかというのは十分にあり得ることです。

 

 

こうなると金融機関の審査担当者は融資に消極的にならざるを得ません。結果として審査落ちになる可能性が高くなってしまうのです。複数申し込みをするとして、それぞれの審査が互いに影響せず独立して行われるならば、数撃ちゃ当たるというのは確かに当てはまるかもしれませんが、複数申し込みをしているという事実そのものがとてつもなく大きなマイナス要素となるために、全滅するという可能性が一気に高まってしまうのです。

 

 

そういうとてつもなく大きなマイナス要素を自分から投げかけるようなことをしてはいけません。お金借りるためには、一つの金融機関だけに絞って申し込みをしたほうがよく、むしろそうするべきである、そうしなければならないと言ってもよいくらいです。なお、結果的に審査落ちした場合でも、直後に別の金融機関に申込まないほうがよいのもほぼ同様の理由によります。

 

 

 

 

消費者金融と銀行カードローンでお金借りるのどちらがいい?

 

お金借りる場合、消費者金融と銀行カードローンのどちらを利用する方が良いかというのはその人のお金を必要とするタイムリミット、さらに希望額、置かれている除教等によっても変わります。

 

先ず、今すぐにお金が必要だ、1時間以内には出来るだけ現金を手に入れておきたいと言う時は消費者金融の方が利用価値は高くなります。

 

消費者金融は審査に時間があまりかからない所が多く、スピード審査、スピード融資を売りにしている所も少なくありません。

 

中には融資の申し込みをしてから融資までの時間が30分程度となっている所も有るので、今すぐにお金を貸してもらいたいと言う時にも利用しやすいシステムとなっているからです。

 

銀行でも即日融資を行っている所も出てきていますが、通常は審査に時間がかかる為、直ぐに融資してもらえるとは限りません。

 

ただ、どんな場合でも消費者金融の方が良いかと言ったらそういう訳では無く、希望額によっては銀行カードローンの方が良い場合があります。

 

銀行カードローンは実際に融資を受ける際、審査に時間を掛けて融資の可否を決める場合が多々あります。

 

その為今すぐにお金を借りると言う点ではあまり利用できない場合も有りますが、審査を丁寧に行う分、適用される金利が低めに設定されているのです。

 

通常金融機関を利用する場合は借入額だけでなくそこに金利分を加えた額を返済する事になります。

 

金利が高くなればなる程、、さらに完済までの期間が長くなればなるほど返済総額が増します

 

少しだけしか借りない場合であれば金利の差と言うのは殆ど感じる事が無い場合も有りますが、沢山借りる場合はそうではありません。

 

見た目的には年利数パーセントの違いであっても、沢山借りたことで短期間での返済ができない場合は金利分が重くのしかかってくる場合も有るからです。

 

したがって、ある程度まとまったお金を借りたい、出来るだけゆっくりとしたペースでお金を借りたいと言う時は銀行か―ドローンを利用する方がメリットを感じやすくなります。

 

また抑々、その人が置かれている状況によって利用できる金融機関が変わります。

 

例えば、パートやアルバイトで収入を得ている人の場合、消費者金融の方が審査に通りやすい傾向となっています。

 

この場合、雇用状況ではなくその人に安定した収入が有るかどうかと言う事の方が重視されるからです。

 

しかし銀行の場合はその人の収入だけでなく雇用状況が重視される場合がある為、融資不可と判断されてしまう事も有ります。

 

さらにその人自身に収入が有るかどうかでも利用できる金融機関が変わります。

 

金融機関はそれぞれ法律によって管理されていますが、関連した法律の一つである貸金業法では総量規制と言うルールが設けられており、収入のない人には融資が出来ない事になっています。

 

その為、無収入の人の場合は貸金業法の管理下にある消費者金融を利用して融資を受ける事は出来ません。

 

どうしても利用したい場合はパートやアルバイトで半年以上働いて、安定した収入が有る事を示してからと言う事になります。

 

ただ、銀行は貸金業法の管理下ではなく、銀行法の管理下に置かれています。

 

だから総量規制の対象となっている訳ではないので、収入が無い人でも実際に返済する事が出来ると判断してもらえれば融資を受ける事ができます。

 

勿論自分の収入が有る人に比べると融資限度額は少なめに設定されていますが、貸金業法で管理されている金融機関の様に全く利用できないと言う訳ではありません。

 

 

この様に、どこの金融機関でお金を借りる方が良いかと言うのは、ケースバイケースとなっています。

 

その為、実際に融資を受けたい時は自分自身がどこを利用すると良いか検討して決める事になります。